NOTE

2014年6月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近の記事

アーカイブ

  • デジカメ画像置き場です
    野鳥

Made on a Mac


Powered by Blogzine[ブログ人]

Attention

  •  ※注意事項
    このブログに記載してある文章・画像の無断転載は禁止します。また、Tips等の盗用・引用(一部、または全部)、それらで対価を得る行為を禁止します。違反者、特に出版関係は然るべき措置をとる事をあらかじめ警告しておきます。転載や盗用と思われるものを発見された方は管理者までご一報いただければ幸いです。メールフォーム


    copyright (c) aquamary images allright reserved.

2014年6月29日 (日)

有料プラン解約

広告が目障りなので今まで有料プランで運用してましたがブログ人閉鎖も決った事だしもう気にならないので無料プランに戻しました。移転先のgooブログではまた有料プランで運用する予定です。

無料プランに戻した事でリンク切れやファイルの消失があればご容赦ください
たぶん大丈夫だと思いますが

それではまた

2014年6月 9日 (月)

OCNブログ人サービス終了について

2014年11月30日で終わるそうなので素材等のURLが変更になります(多分)
引っ越し先はBloggerを予定していますがエクスポートツール次第ですね。

2014年5月16日 (金)

無題

皆が同じ表現になると芸術は死ぬ、それぞれ個性があるから面白い。お前の個性(表現・取り組み方)は破綻していると平気で言う人も居るようだが自分の正しさを説く者に人を導くことはできない。何より大事なのは個性を尊重するということ。教育者は今一度自分を見つめ直すといいだろう。

2014年4月26日 (土)

重版出来

おかげさまで「Photoshopで描く! ファンタジー背景画」第四刷発行となりました
ありがとうございます

2014年4月23日 (水)

カメラバッグ買った

トートバッグタイプです
荷物を沢山放り込めて、すぐに取り出せるバッグを探していたのですが条件に合ったものをいつものアマゾヌで見つけました

F64_1

f.64 ショルダーバッグ SCT 11L


刺繍のロゴと星条旗のタグがちょっと微妙なセンスを醸し出しているので除去する方向で…w
ショルダーストラップを別に調達して取り付け予定です、このバッグにストラップ用のDカンとかは無く、両サイドにあるポケットの上部に固定用ストラップみたいなのがあるのでそこに二重リングでも付ければ何とかなりそうです。その気になればハトメで穴を確保すれば色々取り付けられるんじゃないかと。


F64_2

↑インナーは嵩張るので使う予定は無く、取り出しています。
比較用にレンズを置いてみました。
・右がAPO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM(レンズフード装着)
・左が7DとAPO Macro 150mm F2.8 EX DG HSM(レンズフード装着)

レンズフード付けた状態で余裕で収まります。
インナー別売にして外側だけ5800円くらいで売ればいいのにw

F64_4

↑2本放り込んだ状態でもまだ余裕あります、さすがにむき出しのままではアレなので汎用ポーチかタオルで巻くくらいの適当な保護はします。Lレンズなら少し大事にしますけどね、まあ持ってないので別にいいんです(ぉ

F64_3

↑インナーを使う場合は少し嵩張りますがそれでも収容力があります。
レンズフード付けたまま縦にスッポリ収まってさらに2Lペットボトルを横に置けるくらいです。

何か改造でもしたらまた記事にします

2014年4月16日 (水)

ラクガキ

特に意味はありません

gifアニメにしてみました↓(クリックで別窓が開きます)
Takenokogohan


2014年4月12日 (土)

雑記

アマゾンで無駄遣いしないようにカートに保存してしばらく放置…物欲がクールダウンした頃にまたチェックして必要なら買うというスタイルにすると効果はあるものの放置中に値上げされるとガックリくるものがありますな、SSDなんんて1万円も跳ね上がったしデジカメは2000円UPですよ、「欲しい時が買い時」は正しいのかもしれない orz

2014年4月 7日 (月)

絵を人に教える時のお話

絵には正解も間違いも無いというのが私のモットーなのでそれについて少し。
絵を人に教えるとは技術の押し売りではないので各人のやり方を尊重しなくてはいけません、自分の技術を伝える時はそれを正解と考えてはいけません。一方的な教え方ではコピー技術の量産になり個性や作風を殺してしまいます。

極端な例だと、
西洋画家が日本画家に画法を教えるとします、この時自分のやり方が正しいとしていたらどうでしょうか?
教えられる側にしたらちょっと嫌ですね。
持っている画法を一通り示して何かヒントになるものはありませんか?と言えば建設的です。
アレンジできる発見を与えるつもりで技術を伝えるように心掛けると良いでしょう。

教えられた技術の中で残るのはこれは使えると感じたものだけで他は残りません。
ここを理解しておくことが大事です。